化学繊維と自然繊維で分けて洗濯。どんなダウニーの容量も調節しよう!

2010年01月18日



ダウニーは、化学繊維には、本当にこれでもかというくらい匂いがつきますね。さすがに麻痺したはずの私の鼻も曲がりそうです。

それなのに綿素材のタオルには同じような分量でダウニーを使っても、それほど匂いはついていないのです。

これからは化学繊維と自然繊維で分けて洗濯してダウニーの容量を調節しようと思っています。それならOKです。

これなら、家庭で麻痺している鼻でも楽しめるようなダウニーライフも送れますし、仕事場のワイシャツが臭すぎて人に迷惑もかけにくくなるかと思います。

ちなみに、ダウニーを買ってみたら、あんまり好きじゃなかったということは3本に1本くらいの確率でありました。もはやありがちなことだと認識しています。

そのハズレダウニーの一つが自分にとってはマウンテンスプリング?(緑のキャップです。名前が間違っていたらすみません。)なのですが、今までのキャップ半分の半分程度に留めて使ったら、意外とサッパリして悪くない気がしました。

それとベビーパウダーも同じような感想を持ちました。入れすぎるとお香みたいな匂いになるのですが、少しだけ入れるとベビーパウダーらしさが出てきます。

嫌いな匂いは多く使って早くなくしてしまいたくなりますが、控えめに使えば意外と悪くないかもしれないので試してみてください。

http://satomasa.blog49.fc2.com/blog-entry-506.html
http://www.kanshin.com/keyword/1100243
http://yaplog.jp/kq0zb4jyo/archive/9
http://yukazu.seesaa.net/article/21340571.html
http://hanyamaru.jugem.jp/?eid=253
http://www.kanshin.com/keyword/491217







posted by 講道館で柔道 社会人の学校講道館
at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。